結婚する上で本当に大切なこと   no comments

Posted at 5:59 pm in 日々の事

現在30才の女性です。
正直なところ、私はモテるタイプだと思います。
合コンに行けば必ず数名の男性からアプローチされますし、街を歩いていれば男性からナンパされることもありました。
正直なところ、あまり彼氏に関して苦労したことはない、と言い切れると思うのです。
そんな私だったので大学時代や就職したばかりの時には「適当にいい人がいたら結婚しよう」と思ってきたのです。
でも、この話は実は過去の話なのです。

そんな私もなぜか30才になってしまいました。
というか、最近になってから合コンのお誘いも減ってきましたし、もちろんナンパも減りました。年齢的なものでしょうか?
モテると思っていたのに、この年齢になっても一人身ってことに自分でもショックです。

そこで焦った私は婚活パーティに参加することにしたのです。
やはり、もう結婚したいと思うので婚活をするしかない!って思ったからです。
今回参加した婚活パーティは大手結婚相談所が主催しているパーティだったので、これはねらい目!と思って気合を入れて参加しました。
合コンで培った、男性なら落ちるであろう必殺技を駆使してなんとか3名の男性の連絡先をゲットしました。

そして1ヵ月後にはそのうちの一人のAさんとお付き合いをするようになりました。
Aさんはとにかく派手で自分にかなり自信があるタイプ。
気になる言動も多かったけど、しかたないと目をつぶっていました。
また、お仕事がお父さんの会社の常務私にとってはツボだったのですが・・・

Aさんとのお付き合いは本当にさすがにゴージャスでした。
ある日はクルージングディナーを用意してくれたり
高級ラウンジでお酒を楽しんだり、とまさにセレブな雰囲気満載だったのです。
「このままAさんとお付き合いしたら、きっとセレブな毎日が待っているんだろうな」と思っていたのです。

そんなある日のことです、ドラマを見ていたときに結婚式の様子をやっていたのです。
神父様から新郎新婦は「その健やかなる時も、病める時も・・・」の言葉を聞いていたときのことです
私はAさんが病気になっても、仕事を失ったりしてもずっと好きで居られるかな?と思ったのです。
Aさんのお父さんの会社は現在はいい方向に向いているそうだけど、この先も必ず成長していくとは限らない。
そんな何かがあったときに、その時にも私はAさんを支えたり、好きで居られる?
と思ったのです。
じっくり考えてもお金のあるAさんが好きなだけでお金がなくなったAさんに魅力を感じるとは思えないのです。
私のAさんに対する気持ちなんてその程度だ、と思い私はAさんとお別れしました。

結婚ってそういう事なんですよね、きっと。
お互いにつらい時こそ支えあえる・・・それが結婚をする上でとても大切なんでしょうね。

Written by admin on 1月 16th, 2013