料理合コン   no comments

Posted at 6:30 pm in 日々の事

名前:上村史央里(かみむら しおり)・女性
年齢:20代後半
職業:事務系
参加パーティー:料理合コン

会場は可愛らしいキッチンで婚活のイメージはあまりなく、お料理教室に来たような気持ちでした。講師の先生もユニークな方で、場の雰囲気をさらに和やかにしてくれたのが嬉しかったです。男女ともに3人ずつでペアを作り、相手を変えながら3品の料理を作る形式でした。

ペアを組んだ方の中で一番好感触だったのは、一緒にチャーハンを作った小学校の教師をつとめる方です。その方はほとんど料理をせず、ごくたまに作るのはチャーハンらしく「ちょうどよかったですね」と言うと「本当に!」と照れ臭そうに笑ってくれました。

チャーハンを作るといっても、できるだけ手間のかからない簡単なものだけだと言います。私がネギを刻めば「細かい」とか、卵を溶けば「手際が良い」とか、エビの背ワタを取れば「そんな風にとのか」とか、何かと感心していました。涙を流しながらタマネギをみじん切りにする彼の姿には、年上ながらも可愛らしさを覚えてしまいました。

下ごしらえが終わっていよいよ炒めるときになったとき「これがなかなか上手くいかないんですよね…。どうも手早くちゃちゃっとできなくて…」と私が言うと、これは自分が得意だと言ってフライパンの取っ手を握りしめてくれました。今度はその姿に、頼もしさを感じました。さすが自負するだけあり、それこそ見事な手さばき!男性ならではの豪快なフライパン使いに、今度は私が感心するばかりでした。

実は私も相手の方も口下手で、人見知りをするタイプだったんです。それが嘘のように二人とも自然体で、冗談を言い合いながらとても楽しい時間を過ごせました。

食事中には、ニンジンサラダを目の前に、「実はニンジンが苦手なんだ」と苦笑い。「いつもこども達には、好き嫌いなく食べなくちゃダメだと言っていて…」ときまり悪そうに言うので、「ダメじゃないですか」とすかさず私。今日初めて会ったとは思えないくらい、最後には距離をほとんど感じませんでした。

お食事が終わったら、男性同士も女性同士もみんなメアド交換をしました。会社員の男性の方は「いち早くオトコからメールが来たらどうしよう」と言いながら男性のメアドを登録して、みんなが大笑い。引っ込み思案だと言う私と同年代の男の子も、とても楽しそうにしていました。

一緒にチャーハンを作った彼とはお互い忙しくて合コン以来会えていませんが、メールのやり取りはしています。

Written by admin on 1月 19th, 2014